会議を減らしたい

スタッフというかオフィスで働く方、すなわちホワイトカラーの方で年中「忙しい」って騒いでいる方のスケジュールを拝見すると、打ち合わせ、報告会議、テレビ会議、面談などなど朝から夕方までびっちりですよね。 「メール」、「資料作成」・「報告書作成」 、「会議出席」が仕事の大半を占めますよね?

多くの日本企業は組織のフラット化に伴ってミドルマネジメントの負荷が以前に比べて段違いに増加していると言われています。激増する会議/資料作成/メールがマネージャーの負担をますます増やしていいるのではないでしょうか?

しいてはそれがマネージャーに考える時間を確実に奪っています。加えて部下の話をじっくり聞く時間を確実に奪っています。

今の仕事。無駄だと思える仕事がきっと少なからず有ります。でも「その仕事止めても良いか?」の判断は難しいんです。以前に、「その会議、必要ですか?」という視点で会議の棚卸をした際に、半分ぐらいの会議はもっと簡略化できるか不要、という結果が出たことがありました。

しかしマネージャーから「その会議やる必要あるの?」と言うと相手のマネジメント能力を否定されるように感じるのか、空気を乱したくないと言うのか、村社会の日本企業では中々言い出せない状況もあるようです。

そこは経営側から、「部下と向かい合う時間をふんだんにとることを優先させて、そのために会議と資料作成は止めても良い」と言うことが必要だと思います。
みんなが自律的に働き方を改善するために背中を押してあげることが経営の務めだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする